空き家情報コラム

COLUMN
2018.10.31 / 空き家の活用

自己資金が少なくても大丈夫?!空き家を再生させて儲ける方法とは?

少子高齢化などを背景に、年々増加している空き家。「空き家対策特別措置法」が施行されるなど、国も空き家対策に乗り出していますが、都心・郊外に関係なく空き家は全国的な社会問題とされています。そのように社会問題化された空き家を、「悩みの種」ではなく、再生させて利用するという方法が今注目されているのです。中には、月に100万円も稼ぐという強者も!!

空き家を解体せずに放置するワケ


空き家をそのまま管理せずに放置していると、景観を損ねたり悪臭がしたり害虫の温床になったり・・・。その他にも、建築物の一部が飛散したり建物自体が倒壊してしまうなど、空き家を放置することでさまざまなリスクがあります。
「住む人がいない古い建物は取り壊せばいいのでは?」とおもわれるかもしれませんが、建物を解体する際の費用が掛かることに加えて、土地の上に建物がなくなることによって大幅な増税となってしまうことが、空き家所有者の頭を悩ませているのです。
空き家とされている建物が住宅の場合、所有している地上に建物があれば固定資産税と都市計画税の軽減をうけることができますが、建物を解体してしまうとそれらの税金を軽減することができず、大幅な増税となってしまうというわけです。

空き家再生とは?

「空き家再生」とは、まずは空き家をオーナーから借りて簡単にリフォームして再生させます。そして、入居者を探して住んでもらい、その入居者の家賃の一部を収入とする「空き家再生投資」とも言える方法です。
オーナーに交渉する際は、空き家を使わせてほしいということを正直に直接交渉することがポイントです。

空き家を再生する方法

空き家を再生させるのに大掛かりなリフォームを行うと、それだけでかなりの出費となってしまいますが、大掛かりなリフォームはせずにゴミを片づけて掃除をし、簡単なDIYでもOKとのこと。入居者の募集は家賃を空き家周辺の相場の半分程度と格安にすれば、入居者を見つけやすいようです。

空き家再生投資は、こんな方におすすめ!!

空き家再生投資は、以下のような方におすすめです。

■少額で投資を始めたい
■高い利回りで資産運用をしたい
■不動産投資の経験がない

「不動産ビジネス」というと、物件を購入するための初期費用がかなり必要となるので、興味はあってもなかなか手を出しにくいかと思います。しかし、空き家を有効活用する「空き家再生投資」であれば、その物件を購入するわけではないので、投資リスクが少なくて済みます。
また、不動産の「仲介」となると宅建士の免許が必要となりますが、この場合は「転貸」ということになりますので、宅建士の免許や特別な資格は不要です。

他にも「空き家再生」の事例はたくさん


では、具体的に空き家を再生させて有効に活用する方法をいくつかご紹介します。

空き家バンクを活用する

「空き家を再生させて活用する方法」としてポピュラーなのが、空き家バンクを活用して借り主を見つける方法ではないでしょうか?空き家バンクは、空き家を提供したい人と空き家を利用したい人とをマッチングする制度で、主に地方自治体が運営しています。市町村などの地方自治体は、空き家を有効に活用することで、定住促進や地域の活性化を図ることを目的としているため、営利目的で行っているわけではありません。ですので、仲介手数料などの費用がかからなく、リフォームなどにかかる費用は補助が得られる場合もあります。

借り主負担のDIY型賃貸物件として貸し出す

賃貸物件を貸し出す際に、退去時の条件として原状回復を条件とするのが基本ですが、原状回復義務を課さずに自分で好きなようにDIYでアレンジすることが可能な賃貸物件として活用するという方法もあります。
空き家の貸主のメリットとしては、貸し出す際にリフォームなどをして新築のようにする必要がなく、入居前のハウスクリーニングを行う必要がないため、古い賃貸物件を有効活用しやすいという点が挙げられます。また、入居者が自ら費用を出してDIYを行うため、長く住んでくれる人が入居しやすくなるというメリットも。
このような形で空き家を借りる借り主側としては、費用さえ負担すれば自由にリフォームすることができるという点が大きなメリットとなります。物件を購入する必要もなく、退去時の原状回復義務もありませんので、退去する際もスムーズです。

空き家をコミュニティスペースに

空き家を賃貸物件として貸し出したり、売却したりする他にも、空き家をコミュニティスペースとして活用することも、空き家を再生させて有効活用する一つの方法です。

例えば、吹田歴史文化まちづくりセンター「浜屋敷」は、市民の文化活動や交流の場として活用することを目的に、寄付された古民家を改修して作られた施設です。
また他にも、空き家を移住希望者の体験住宅として貸し出すという活用方法も実際にあります。「住みたい場所があるけれど、いきなり移住するのは不安・・・」という人に対して住居を貸し出し、その地域で暮らす体験をしてもらうために空き家を有効活用する自治体も増えているようです。移住希望者にとっては、面倒な手続きをする必要もなく安価に借りることが大きなメリットになりますし、空き家を貸しだすオーナーにとっては、自治体が介入してくれるということで安心感があると言えます。

空き家についての相談はこちらから
まずは無料カウンセリング

無料査定

無料カウンセリング