空き家情報コラム

COLUMN
2018.07.31 / 空き家問題

空き家を放置すると景観がみるみるうちに悪化!!空き家の管理方法を知っておこう

所有者が不明のまま放置されている空き家の数は全国的に増えていて、その空き家によるトラブルが大きな社会問題となっています。
税金面の問題から空き家を解体せずにそのまま放置していたり、所有者が高齢のため施設に入居したりと、さまざまな理由で空き家は今も増え続けています。

誰も人が住んでいない住宅は劣化のスピードが速く、みるみるうちに廃墟と化してしまうのです。
そんな廃墟と化してしまった空き家による悪影響は、まず見た目に現れます。
もし近所に廃墟のような空き家があったら、決して良い気持ちはしないですよね。

今回は、空き家を放置することによる景観悪化について解説していきたいと思います。

空き家による景観悪化とは?


空き家になったからといって、急に景観が悪化するわけでは当然ありません。
空き家による景観の悪化は、時間が経過すると共に深刻度を増してくるものなのです。
空き家を適切に管理せずに放置した場合に起こりうる景観悪化の現象をまとめました。
■ポストにチラシが溜まる
誰も住んでいないのであれば、ポストの中を整理する人もいません。
なので、長期間空き家の状態にしておくとポストにはチラシや郵送物があふれるほどいっぱいに!!
ポストに入り切れなくなったチラシは、やがて風により周囲に散乱し始め、放置された空き家がご近所の迷惑になり始めます。

■草木が伸び放題に
冬の寒い時期は雑草も庭の草木もそれほど大きく成長することはありませんが、春~秋の暖かい時期になると、雑草や木々の枝はぐんぐん伸びて、道路や隣の家の敷地にまで張り出してしまいます。
また、大きく生い茂った木々には毛虫などの害虫が大量発生します。
さらに、秋になると今度は大量の落ち葉が周囲に散乱してしまい、落ち葉の清掃が必要となってきたりと、こちらもご近所からのクレームにつながってしまいます。

■窓ガラスが割れる
空き家の窓ガラスが割れてしまう理由は、子供のボール遊びによるものや雹などの自然現象でもあり得ますが、いずれにしても窓ガラスが割れた状態で放置していては景観が一気に悪化することは避けられません。
また、どこか一か所でも窓に穴が開いていると、そこから雨や風が室内に吹き込むなどしてさらに建物の劣化が加速してしまうのです。

放置された空き家が引き起こす景観が悪化する以外のトラブルは


空き家を放置しておくと、景観が悪化するだけでなく他にも様々なトラブルを引き起こす原因になってしまいます。
■火災
放火犯による犯罪や、コンセントなどの電気系統によるものなど、誰も人が住んでいない空き家は火災のリスクが高い状態だと言えます。
所有している空き家が火事になってしまうと、周辺の住民にまで被害が及んでしまう危険性も・・・。

■地震などの天災による空き家の倒壊
人が住んでいない空き家は、適切なメンテナンスがされないため急速に老朽化していくものです。
老朽化して剥がれた外壁が突風で飛散したり、ちょっとした地震で建物自体が倒壊してしまう危険性も十分にあります。

■不審者による不法侵入
明らかに人が住んでいないとわかる空き家は、不法侵入されたり空き巣の被害にあってしまう危険性が高まります。浮浪者が空き家に住み着いてしまうケースも・・・。
侵入の被害は人によるものだけでなく、ネズミや害虫が住み着いてしまうトラブルも数多くあります。

■ゴミの不法投棄
ゴミの不法投棄も、空き家が引き起こすトラブルの一つです。
生活ゴミだけでなく、家電製品や家具、自転車などが敷地内に捨てられることも・・・。
一度不法投棄されると、さらに不法投棄されるゴミが増えて行く悪循環に陥ってしまうことが多いようです。

景観を悪化させる空き家の管理方法は?

景観を悪化させてしまう空き家を放置してしまうと、その建物の価値が低くなるだけでなく近隣の住民とのトラブルにも発展しかねません。
誰だって自分の家の近所にお化け屋敷のような廃墟があったら嫌ですから、当然ですよね。
空き家を放置することによる景観悪化を避けるには、やはり適切な管理が欠かせません。
空き家を廃墟化することなく適切に管理するポイントは、以下の通りです。

■ポストの中の整理
放置しておくと、大量のチラシや郵便物でいっぱいになってしまうポストは、定期的に中身を取り出してスッキリさせておきましょう。
チラシでいっぱいのポストは、誰が見ても人が住んでいないということは一目瞭然!
放火を予防する意味でも、ポストの整理は空き家管理の基本です。

■庭の草木の手入れ
特に夏は雑草や木々の枝がすぐに伸びてきてしまいますので、定期的に手入れをしましょう。
庭の草木が敷地からはみ出してしまうのを防ぐのはもちろん、害虫からの被害も予防することができます。

■窓ガラスや外壁、屋根瓦などの劣化をチェック&修理
空き家の劣化をそのままにしておくと、景観悪化の一途をたどることに。
また、景観の問題だけでなく穴の開いた窓から空き巣に入られたり、剥がれた外壁が風に飛ばされて人的被害が発生してしまう危険性もあります。

空き家についての相談はこちらから
まずは無料カウンセリング

無料査定

無料カウンセリング