空き家情報コラム

COLUMN
2018.04.15 / 空き家情報コラム

空き家問題とは?なぜ増えるのか?そして解決策は?

空き家の問題点とは??

空き家の問題実際テレビや新聞でも
取り上げられており、
年々社会問題としても
大きな問題になっています。

具体的にどんな問題があるのか
みなさんはご存知ですか??


■老朽化による倒壊の危険性
■外観の問題
■防犯上の問題

これらは周辺住民の方にも
大きな不安材料にもなります。

「倒壊の危険性について」

日本の家の特徴は、
昔の住宅ほど主に木で造られているものが多いと言う事!

木が多い住宅は管理が難しいのです。
定期的な換気や適切な管理を行わないことにより
弱くなり、倒壊の恐れが出てきます。

きちんと管理をしないことにより、
構造材としての役目を果たせず、
小さな地震や台風でも、
さまざま被害が出ることもあるのです。

「外観の問題について」

みなさん自分の家の隣が廃墟と化していたら
どう思いますか??

ガラスが割れた窓
屋根の瓦が崩れている
草も生えっぱなし
木が枯れ果てて折れている

こんな光景とてもいい気持ちはしません。

「防犯上の問題について」

周辺住民の方が1番恐れているのが
安全に暮らせないこと。

空き家などは、
犯罪などを起こす場所として
使われてしまう事件など
テレビで目にすれば不安になります。

日本全国の総出火件数の
1年の平均は4万件とも言われています。

この要因の1位は
なんと放火なのです。

空き家の特徴は
まず人の目がないこと、
燃えやすい枯草やゴミなどがあること
これらの条件は、
不審者による放火の場所として
最適な場所になってしまっているのです。

空き家問題の現状

さて空き家の問題はよくわかりましたね。

ここで空き家の
さまざまな現状について
ご説明します。

空き家といっても
4つの種類にわかれています。

①二次的住宅
住んではいないものの、使われている住宅

②賃貸用住宅
借り手がいなくて現状空き家の住宅

③売却用住宅
仲介などで売却活動を進めているが、売れていない住宅

④その他
ほとんど使われていない用途不明の住宅

この中で空き家問題に
直結するのが
「その他」にあたる住宅です。

空き家の調査は総務省統計局が、
5年ごとに行われ、住宅と土地の統計調査をしています。

最新の平成25年度の調査結果は
全国の空き家数は820万戸
空き家率が13.5%

この結果によると
約7戸に1戸が空き家であるこということ!!

この調査のたびに、
空き家の数と空き家率が上がっているとも言われ
統計開始時の昭和38年に比べて
空き家の数は約16倍ともいわれています。

都市部の空き家問題とは??


意外な事実は、空き家の数が多いのは大都市!

東京都約81万戸
大阪で約68万戸
神奈川県で約49万戸
愛知県で43万戸

この4県だけで
なんと約240万戸!

この数は空き家全体の約30%。
地方よりも大都市の空き家問題が
深刻なのがわかります。

マンションの空き家問題とは??

マンションの空き家問題の解決は難しい!

古いマンションは
どんなに賃料や売買価格を安くしても
なかなか入居者は増えないのが現状。

立て替えをして綺麗にすることも出来ます。
ですがここに大きな問題が隠れています。

マンションは多くの方が住んでいます。
ひとりが建て替えを希望しても、
無理なのです。

マンションのなにか修繕など行う際もそうですが、
所有権を持っている方の承認が必要不可欠です。

建替えの場合は、費用の一部を権利者に
負担してもらうケースも多く、
尚更建て替えは困難になるのです。

さらに、権利者総会を開く場合、
そこのマンションに空き家があれば
区分所有者を探さなければなりません。
もし空き家の理由が相続などが関係していると
相続人を探して
参加をしてもらうことが必要になります。

これを考えると、
マンションの空き家問題の解決が
いかに大変かわかります。

空き家に関する法律は??

空き家が年々増えていくのを
政府も見過ごしている訳ではありません。


2015年5月26から始まった
「空き家対策特別措置法」

通称は、特定空き家法!
これによりこの「特定空き家」という言葉が出来ました!

この「特定空き家」の意味は??
空き家の中でも
特に危険度の高い空き家のことを差します。

これらの「特定空き家」になると、
行政によって法的処置を可能になったのです。

この「特例空き家等」に指定された空き家の所有者には
行政から連絡がいき、指導や命令などで早急に対策することの指示があります。

もしそれでも何らかの対策をしなかった場合は、
行政側で建物を解体することができ、
その解体費用を所有者に請求することが出来るのです。

近隣に住んでいる方したら、
救済措置がやっと出来たと思った方も多いでしょう。

空き家問題に対する解決策はある??

空き家バンクの活用!

空き家バンクとはどんなもの??
空き家を譲りたい人と、欲しい人を繋ぐマッチングサービスのことになります。

多くの自治体によって運営されています。
また移住者向けの空き家の開放や公共施設としての活用など、
不安や心配の種となる空き家に新しい可能性を
大きく広げることになります。

空き家管理サービス

所有者によっては都市部に住んでいるが、
空き家が地方にあるなど、定期的な管理が難しい方も多くいます。
なかなか頻繁に掃除や手入れにいけない!
そんな方のために出来たの空き家管理サービスになります。

具体的には、
1万円程度を払えば月に1回の空き家を巡回してくれるサービスが主なようです。

空き家対策特別措置法にご不安な方は
まずは無料カウンセリング

無料査定

無料カウンセリング